コロナさん 就活の人へは 近づくな

就職氷河期があった。学業を終え、希望を胸に「サ~ァ」と思った学生を奈落の底に追いやった。

今度は、新型コロナが攻めている。又、繰り返していくのか。それだけは避けてほしい。

就職氷河の先送りだけでは、負の遺産を積み上げていくだけである。

意志ある学生の公務関連や中小企業への機会づくり、時代が求める職業へのリカレント教育とインターンシップの促進、これらの生活補償をセットにした充実施策が求められる。

学生も本気と覚悟を併せ持たなければならない。