横田滋さん逝去

拉致された松本京子(米子市)さんの母が亡くなり、そして横田滋さん死去という不幸なニュースが入ってきた。拉致被害者家族のまとめ役であった。

1国民として何もできない忸怩たる思いと誰にぶつけてよいか憤りが募ってきた。

何度も家族会の救出活動がマスコミに報道され、いつも穏やかな表情の中にも、何としても帰ってきてほしいという思いがひしひしとと伝わってきた。

2014年、横田夫妻はモンゴルでめぐみさんの娘、ウンギョンさんと面会された。「ひ孫がいまして。あまりにもめぐみに似ているので涙が出てきて・・・」「なんで、めぐみが出てこないのかなって、やっぱりそれが一番つらい」と報道された。

私にはとても足元には及ばない親が子を想う切実な姿を感じた。いつも夫婦二人三脚で活動を続けてこられた。そのたびに、世界が1つでない以上、国のありようを考えさせられた。

これだけは、とても経済合理主義というわけにはいかない。一人の命は地球より重い。考えは理解できても、拉致家族の方のレベルにはとても足元に及ばない。

虚しさをかき消して…。横田滋さんの言葉“種をまき続ければ必ず花は開く”とても重い言葉です。心に刻みます。

               (ビジネスデザイン研究所 穐田誠一郎)