企業経営の基本

経営の基本は、「現在の顧客をどう満足させるか」「新たな顧客をどう創るか」、それを考え、実行するのは、関係スタッフです。各スタッフは組織目標を理解し、チームワークのもとに、各スタッフの「存在と役割」を最大限引き出しながらコトを成し遂げていく体制づくりが必要です。

他方、顧客も商品も変化し、ライバル・代替品も出現します。時流適応が生存の条件になります。そうした環境で、仕事は迅速・確実さが要求されます。仕事は目標が出発点という視点がかせません。仕事を効率よく運ぶためには、「時代のやり方」「時代の技術」「時代の道具」を活用していくことが基本となります。

・経営の基本は、顧客層の差別化、商品・サービスの差別化、業務システムの差別化の組み合わせによる創出で環境変化に勝ち抜く手立てを作ります。こうした活動が他社に差をつける方法となります。